FC2ブログ

プロフィール

ソウベエ

Author:ソウベエ
好きなものは前髪ぱっつん、おっぱい、眼鏡の女の子。同人サークルSo's Laboやってます。

御用の方はeuegq909◆ican.zaq.ne.jp
(◆→@)までお願いします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
  • 2015/12/28更新

<サークルSo's Labo 告知スペース>

とらのあなにて当サークル発行同人誌、委託販売中です!


ドロウ&ツイート!

「ドロウ&ツイート!」

ツイッター用お絵かきツール・TEGAKIによる
イラストをまとめたミニイラスト集。
A5サイズ36Pのオフセット誌です。
看板娘・ さくらこや「艦これ」のイラストも収録。
現在取寄販売予約受付中です。


とらのあな紹介ページへ 




上記以外の既刊についてはこちら↓で紹介しております。どうぞよろしく!
So's Labo発行同人誌
※このスペースの下に表示されます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オンラインゲームの思い出


2013年9月27日にオンラインゲーム・ファンタシースターユニバース(PSU)のサービスが終了しました。
 
2年前からほとんどインしてなかったとはいえゲーム世界自体が完全になくなり、
その世界での経験を思い返す手がかりになるアバターのデータも
手元に残らないということから感じた喪失感は思った以上に大きかったです。

サービス初期から終盤前までの運営が非常にまずく仲間と愚痴を言い合いながら
プレイしていましたが渋いバランスのゲームをいかに楽しむか工夫していたあのころは
今思い返すと「意外と楽しかった」のかもしれません。

オンラインゲームにはまりすぎている人の話を聞いていたので、そうならないよう
最初に作ったアバターは女性で、感情移入しにくいよう見た目を地味で野暮ったいものにしました。
身長が少し低めでおしりが大きい、ある意味リアルなプロポーションの彼女は
標準的なプロポーションのキャラでは似合う服を着ると不恰好になる・・という
微妙な個性を持つことになり、似合う服の組み合わせを探すことに
結構な時間を費やすことになりました。
新しい服が配信されると手持ちの服を服屋に持っていっては試着モードで
新配信の服との組み合わせを試したり。
その結果当初持つつもりがなかった愛着がわいてしまったのは意外な拾い物でした。

ちなみに最初期のアバターはこんな感じでした。
PSU120930
意外に悪くない・・と感じるのはキャラへの愛着とか親の欲目というやつですね。

PSUでの思い出は大部分忘れてしまったかと思いましたが
アバターを描いてみると色々思い出されてきたのでそのあたりの事柄は
今後気が向いた時に書いていこうと思います。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


洗面所


最近描いたもの。女の子のハダカじゃなくてごめんなさい。
120923
SAIのペン入れレイヤで線画を作って写真資料を見ながら彩色しました。


TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE」が終わりました。
つまらないアニメでした。設定やデザイン、音楽などの素材がよくても
脚本がダメならまともなものにはならないということがよく分かりました。

特に今回は「ゲームと同一のストーリーでなければならない」という  
くだらない縛りがあったために途中でストーリーに修正を加えることが許されず
キャラやメカを無駄に使い捨てる、ゲームの販促だけを目的にした
20年前のファミコンRPGみたいな稚拙なシナリオであっても
そのままアニメの制作をすすめなくてはいけなかったのではないか。
そんな気がします。

シリーズ構成以外のスタッフの皆様、本当におつかれさまでした。


さくらこダブルピース!


やっと完成、さくらこWピース。
前回の記事でキャラ本体の塗りは終わってたんですが
色々追加したために時間がかかってました。
さくらこダブルピースe

当然、差分もあります



最近更新が滞りがちなのでとりあえずなんか投稿しなくてはということで
現在彩色中のものの一部を。
sakurako120914
数ヶ月前にペン入れまでしていた当ブログの看板娘・さくらこのイラスト(部分)。

私は差分付エロCGをよく描きます。何気なく描き始めたものに彩色していくうちに
「こういう表情をさせてもいいな」などと思いついて建て増し式に差分を追加することが
多いからなのですが、それをやり始めると完成までにムダに時間がかかったりして
自分でうんざりしてくることも。
やりなおしと追加修正がいくらでも出来るってのもこうなると考えものですね。
こういう文章、大分前にも書いたような気がするな・・。


このあいだ、小説版ガンダムAGEの第4巻を読みました。
アニメ本編ではボンクラだったりゲス野郎だったりするキャラが
しっかりした考えを持ったまともなキャラとして描写されてたり、
おざなりに済まされていたエピソードをしっかり補完する内容ではあったのですが
個人的にはあまりにそつがなさ過ぎて、なんだかアニメ本編のお粗末なシナリオやキャラ描写への
強い怒りとか怨念みたいなものさえ感じられました。
3巻までは良質な素材をまともに生かした完成度の高いノベライズ作品だと手放しで賞賛して
いたのですがいろいろと心配になってきました。

ゲームが発売されてネット上のネタバレで物語の結末まで知っているのですが
小説ではそれがどのように補完・修正されるのかとても気になります。


線画:眼鏡さんサンドイッチ


前回の更新日から10日も経ってました。
今回の画像はペン入れまで進めたものの、そこで止まっている線画。
masako120909


昨日量販店でガンダムAGEの量産機・クランシェのHGキットを買ってきました。
某所掲示板の書き込みでは売り切れになっているお店もあったりして
これは結構売れているのかなと少し嬉しくなったり。
(売り切れたお店では入荷数を絞っていた可能性もありますが)
登場するロボット全般の扱いが酷いガンダムAGEというアニメで
このクランシェというメカはまともなパイロットが搭乗し、
画面に出ている期間が長い分視聴者にしっかりアピールできていたのではないかと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。